サポートされていないブラウザです。アップグレードをお願いします。 閉じる

建物の飲料水に潜む微生物

バイオフィルムは水と固体のそれぞれの相において発達します。飲料水の給水設備では様々な微生物が生息するバイオフィルムがコロニーを形成しています。

ハンス-カート・フレミング教授が率いるドイツのデュースブルク=エッセン大学 バイオフィルムセンターにおける科学者グループは協力研究プロジェクトのエグゼクティブサマリーである “給水設備におけるバイオフィルム”を公開しました。

このエグゼクティブサマリーをご覧いただくために以下のフォームへご登録ください。ご登録が完了するとダウンロードするページに移行します。

ポール メディカルについて

 

ポールコーポレーションはろ過・分離・精製の ポールコーポレーションはろ過・分離・精製のリーダーであり、幅広いライフサイエンスと産業のお客様における重要な流体管理ニーズを満たすソリューションを提供しています。ポールは医療に携わるお客様と協力して健康、安全、環境に責任のあるテクノロジーを進化させています。 2009年、経済とヘルスケアのための医療情報技術(HITECH)法が可決されました。この法律の目的は、テクノロジーの使用、特に医療業界内での電子情報交換を促進することでした。 HITECHは複雑な規制と産業需要の到来を生み出しましたが、ポールはこのプロセスのごく初期から顧客を支援してきました。

 

 

 

幅広く認められた業界でのリーダーシップ