サポートされていないブラウザです。アップグレードをお願いします。 閉じる

内視鏡外科手術におけるサージカルスモーク(排煙)と気腹ガスのろ過

Improving working conditions for healthcare workers by promoting a safe and clear working environment

医療関係者の皆様向けの情報

このページでは国内の医療関係業務に従事している方(医師・薬剤師・看護師・臨床工学技士等)を対象に弊社の製品情報を提供しています。 日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

 

 HOME医療TOP >手術時のガス 

 

The Solution Is Clear

最も難しい手技においてもクリアな視野

ポールのラパロシールドスモークフィルターシステムは内視鏡外科手術で生じるサージカルスモーク由来の粒子や細胞、ウイルスや悪臭の原因となる有害物質を除去してクリアな視野を維持する、受動的な煙排出システムです。

この製品は気腹や電気焼灼,レーザーや超音波メスの使用を伴う低侵襲手術で用いられます。

 

 

内視鏡検査や内視鏡外科手術における気腹ガスのろ過

 

内視鏡外科手術で使用されるガスは二酸化炭素ボンベや気腹装置などで構成される気腹システムを介して供給されます。

滅菌された外科製品の取り扱いに関して一般に認められているルールは、無菌的な清潔野に到達するこのシステムのすべての部分について慎重に守られています。こうした高いレベルの対応とは対照的に、気腹ガスそのものは未滅菌のガスボンベまたは気腹装置から患者の無菌的な体腔の中へに送気されています。

気腹システムは粒子や細菌に汚染されていることが示されています1), 2), 3)。患者からの体液や血液による逆流が交差汚染という新たなるリスクとなりうる可能性があります。4), 5), 6)。体液が逆流して装置内へ侵入してしまうと気腹装置の損傷となり、修理を行う技術スタッフに汚染されてしまうリスクを与えてしまうことになりかねません6)。

 

ポールの気腹ガスフィルター

 

ポールの気腹ガスラインフィルターIGFやポールガスラインフィルターOROは細菌やウイルスを保持することが検証されています。これらのフィルターは患者由来の体液や血液の全面的なバリアーとなり、気腹装置内への患者体液の逆流を防ぎます。

 

弊社外科手術関連製品へのお問い合わせ

製品の選定やサンプルのご要望などのお問合せにつきましては下記の「✉Eメール」をクリックいただき、お客様の情報とお問い合わせ内容をご記入の上送信のほどを宜しくお願い致します。

弊社営業担当より可能な限り早く回答致します。

Medical_Surgical

気腹ガスラインフィルターセットIGF (製品番号:IGF1CD)

内視鏡外科手術を受ける患者様の保護に(医療機器届出番号13B2X10304000001,一般的名称:気腹ガス用フィルター)
内視鏡外科手術を受ける患者様の保護に(医療機器届出番号13B2X10304000001,一般的名称:気腹ガス用フィルター)
詳細を読む

気腹ガスラインフィルターセットIGF (製品番号:FRIGF2)

内視鏡外科手術を受ける患者様の保護に(医療機器届出番号13B2X10304000002,一般的名称:気腹用チューブ)
内視鏡外科手術を受ける患者様の保護に(医療機器届出番号13B2X10304000002,一般的名称:気腹用チューブ)
詳細を読む

ポールフィルター ORO (製品番号: ORO1HJ)

医療用ガス中の細菌やスケール、微小異物等を99.9% 以上除去 (医療機器承認番号:20700BZY00886000,一般的名称:ガスラインフィルタ)
医療用ガス中の細菌やスケール、微小異物等を99.9% 以上除去 (医療機器承認番号:20700BZY00886000,一般的名称:ガスラインフィルタ)
詳細を読む